診療内容

一般小児科診療

生まれたばかりの赤ちゃんから小児の内科疾患全般を広い範囲にわたって診療しています。発熱や鼻水、咳といった軽い症状でも長期化したり、急に悪化したりすることもありますので、親御さんが不安に感じられた際には、早めの受診をおすすめします。また、どこの科を受診すればいいのか迷ったときも、まずは小児科を受診してください。さらに専門的な診察や他科の治療を要すると判断した場合は、必要に応じて近隣の医療機関を紹介しています。
一般小児科診療
当院では、お子さまの症状によって抗生剤が必要かどうかを判断し、不必要な抗生剤は処方しないように心がけております。お子さまの病気だけでなく、成長や発達、育児についてのお悩みも、専門医の見地からアドバイスさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

診療科目

神田小児科医院

乳幼児健診

乳幼児健診では、お子さまの成長と発達を評価し、必要に応じて適切に介入することを目的としています。それと同時に、育児環境を把握し、ご両親へのアドバイスやサポートを含めた支援までできるよう努めています。
乳幼児健診

当院にて受診可能な公費の乳幼児健診

1ヶ月児健診

お子さまの発育状況の確認をします。この健診で重要なことは、体重の増加と、先天性の病気がないかを確認することです。股関節脱臼の検査では、股関節の開き具合をチェックしますが、当院では同時にエコー検査を行っています。
1ヶ月児健診

3ヶ月児健診

この健診で重要なことは、首すわりと股関節脱臼がないかどうかの確認です。首すわりはこの時期にできていなくても問題ありませんが、しっかりしてきているかを確認します。またこのころから、遊んであげると、笑ったりするころです。
3ヶ月児健診

7ヶ月児健診

この健診で重要なことは、おすわりと物に手を伸ばしてつかむかなどの運動機能の発育です。おすわりもこの時期にしっかりできないお子さまもまだまだいるので、あまり心配はいりません。いないいないばーや、鏡に映った自分に興味をもつようになります。
7ヶ月児健診

3歳児健診

この健診で重要なことは、発達について評価することです。具体的には、遠城寺式発達検査を用いて、運動、社会性、言語などの発達状況を見ていきます。各項目該当するものにチェックしていくもので、短時間で比較的簡単に行える検査です。
3歳児健診
いずれの健診におきましても、子育てに関する悩みや疑問など、育児相談も受け付けています。お気軽にご相談ください。

受付時間

月・火・木・金曜日14時~15時までの完全予約制です。
お子さまを感染症から守るため、一般の診療時間と分けております。

お持ちいただくもの

受診票と母子手帳を忘れずにご持参ください。

予防接種

複数の予防接種を同時に接種しても、有効性や安全性に変わりがないという日本小児科学会見解にもとづき、それぞれのお子さまに合わせた接種スケジュールをアドバイスいたします。
予防接種

定期予防接種(公費)

当院では下関市の住民の方を対象に公費負担で上記の予防接種を行っています。
送られてきた接種予診票を必ずお持ちください。

任意予防接種(自費)

定期予防接種の期限を過ぎた場合でも、任意で接種できる場合があります。詳しくはお尋ねください。

受付時間

月・火・木・金曜日15時~15時半・土曜日の14時~14時半の完全予約制です。
お子さまを感染症から守るため、一般の診療時間と分けております。

お持ちいただくもの

接種予診票(定期予防接種の場合)と母子手帳を忘れずにご持参ください。