BLOG

感染症情報(4月8日~4月14日)

下関市内の感染流行状況です。インフルエンザと新型コロナウイルス感染症は減少しています。

特に流行している疾患はありません。詳しくは下関市医師会のホームページをご覧下さい。

https://smisikai.or.jp/survey/archives/501

 

2024年04月17日
感染症情報(4月1日~4月7日)

下関市内の感染流行状況です。インフルエンザ、新型コロナウイルス感染症はともに減少傾向です。

詳しくは下関市医師会のホームページをご覧下さい。

https://smisikai.or.jp/survey/archives/500

2024年04月09日
感染症情報(1月15日~1月21日)

下関市内の感染流行状況です。アデノウイルスは減少傾向です。インフルエンザB型が増えています。

新型コロナウイルス感染症も増加傾向です。

詳しくは下関市医師会のホームページをご覧下さい。

https://smisikai.or.jp/survey/archives/489

2024年01月24日
感染症情報(12月4日~12月10日)

下関市内の感染流行状況です。インフルエンザ、アデノウイルス、溶連菌が流行してます。感染性胃腸炎が増加しています。

新型コロナウイルスは少ないです。

詳しくは下関市医師会のホームページをご覧下さい。

https://smisikai.or.jp/survey/archives/483

2023年12月12日
小児科かかりつけ診療

当院では、当院を継続して受診されている患者さんに、

小児科の「かかりつけ医」として、次のような診療を行います。

 

〇急な病気の際の診療や、慢性疾患の管理指導を行います。

 

〇予防接種や健康診断の結果に関する相談等、健康管理に関する

ご相談に応じます。

 

〇必要に応じ、専門の医療機関をご紹介します。

 

〇患者さんからの電話等による問い合わせに対応します。

 

時間外電話対応について

 

当院に継続的に受診されている患者さんに限り、平日および土曜日の18時から21時まで、ご家族またはご本人からの電話による問い合わせに対応いたします。休診日、休日は対応しておりません。また、診察は対応できません。

 

いたずら電話防止のため、電話は通知設定でお願いします(非通知設定には対応できません)。

 

お電話の際は、お子さまのお名前と年齢をお伝え下さい。

 

下関市医師会小児保健担当理事、山口県小児科医会役員をしていますので、その会議や夜間急病診療所の出務、学会等で対応できないこともあります。

その際は小児救急電話相談(#8000)に問い合わせをお願いいたします。

 

 

電話番号:080-2887―5994

 

下記の場合は小児救急電話相談(#8000)にお願いいたします。

  • ①平日および土曜日の21時以降
  • ②休診日および休日
  • ③会議、夜間急病診療所の出務、学会等で時間外電話対応ができない時
2023年12月01日
感染症情報(11月20日~11月26日)

下関市内の感染流行状況です。インフルエンザA型、アデノウイルス、溶連菌が流行しています。

感染性胃腸炎が増えてきています。

詳しくは下関市医師会のホームページをご覧下さい。

https://smisikai.or.jp/survey/archives/481

2023年11月30日
感染症情報(11月13日~11月19日)

下関市内の感染流行状況です。インフルエンザA型とアデノウイルスが流行しています。

新型コロナウイルス感染症は少ないです。

詳しくは下関市医師会のホームページをご覧下さい。

https://smisikai.or.jp/survey/archives/480

2023年11月21日
感染症情報(10月9日~10月15日)

下関市内の感染流行状況です。インフルエンザA型が増えています。新型コロナウイルス感染症は減少傾向です。

詳しくは下関市医師会のホームページをご覧下さい。

https://smisikai.or.jp/survey/archives/475

2023年10月17日
感染症情報(9月18日~9月24日)

下関市内の感染流行状況です。下関市内のインフルエンザと新型コロナウイルス感染症は減少傾向です。

山陽(長府)でインフルエンザは増加傾向です。

詳しくは下関市医師会のホームページをご覧下さい。

https://smisikai.or.jp/survey/archives/472

 

2023年09月26日
感染症情報(令9月11日~9月17日)

下関市内の感染流行状況です。

新型コロナウイルス感染症とインフルエンザは増加傾向です。

ヒトメタニューモウイルスとアデノウイルスが増えています。

詳しくは下関市医師会のホームページをご覧下さい。

https://smisikai.or.jp/survey/archives/470

2023年09月22日